図で解説 包茎治療の種類とメリット・デメリット

0

単純に皮を除去するだけでしょ、とイメージしている方が多く見受けられますが、包茎手術は、亀頭直下埋没法、環状切除法、背面切開法といったように様々です。

あなたにあった最良の施術方法がどれなのか、またあなたの受ける手術はどのようなものなのか、手術方法のメリットやデメリットを確認しておきましょう。

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法
近年多くのクリニックで最も施術件数の多いカット手術が、亀頭直下埋没法です。

亀頭部分を覆う皮を剥き、余った皮を切除後に、亀頭直下(カリの下)で縫合します。

亀頭直下埋没法の最大のメリットは、傷跡や縫合が目立ちにくく、術後時間が経過すれば、傷跡もほとんど目立たない点にあります。

ピンク色の皮膚露出もなく、自然な見た目であることから人気の高い手術です。

包茎専門クリニックなどは執刀数も多く、経験豊富とされ、仕上がりへの不安なども非常に少ないといえます。

キレイに仕上がる分、料金は比較的高額とされますが、仕上がり満足度は随一とされています。

ただし、裏筋を切除したり、亀頭周辺での縫合は性感への影響が懸念されます。そのため、なおさら経験豊富なクリニックへの依頼が望まれます。

メリット 傷が目立たず、自然な仕上がりになる。亀頭直下で縫い合わせるため、ツートンカラーになりにくいため見た目満足度が高い。
デメリット 縫合が難しく技術力による仕上がりの差が出やすい。包皮小帯(裏スジ)を切除したり、亀頭周辺での縫合のため、性感に影響が出る可能性もある。費用が割高

space

環状切除法

環状切除法
泌尿器科でも基本となっている施術方法。費用が割安で、比較的短時間で施術できるのがポイントです。

カントン包茎や真性包茎の場合は、保険適応のため、泌尿器科などでも施術可能です。全国各地に泌尿器科もあることから、地方都市でも比較的簡単に治療院が見つかるでしょう。

包皮小帯(裏スジ)切除などもなく、術後の性感低下も少ないとされます。

ただし割安な反面、縫合場所が目立ってしまい、ツートンカラーになりやすいデメリットもあります。

デリケートな部分ゆえ、目立ってしまい気が引けるようでは本末転倒です。

安価といえども、仕上がりの満足度は非常に重要ですので、実績や人気の高いクリニックを選択するのが無難といえます。

メリット 症例の多い手術のため失敗も少ない。性感に影響がでにくい。カントン包茎や真性包茎の場合は、保険適応で泌尿器科診療も可能
デメリット 縫い合わせの場所により、傷跡が見えやすい。ツートンカラーになりやすい。縫合の場所などは医師の経験により、差が出やすい

space

背面切開法

背面切開法
真性包茎を、「仮性包茎」の状態にする手術といえます。仕上がりは軽度の仮性包茎状態になります。

ペニス裏側の皮膚を縦に切開し、剥けやすくした上で、亀頭を露出させる事を可能にする手術で、子供の包茎手術にも用いられる方法です。

皮膚の切除範囲も少いために、施術時間も短縮できます。同時に、切開範囲も少いため、傷も目立ちにくく、患部の回復時間も短縮できます。

手術の時間は、一般的に15分程度、長くても30分程度です。そのため、仕事帰りに手術することも可能です。

なお、重度の真性包茎やカントン包茎などのの包茎は、背面切開法では治療が難しいとされます。

大手のクリニックでの症例は稀であり、保険適応による泌尿器科などでの施術がメインとなります。

メリット 切除範囲が狭いために、傷が見えにくい。短期間で施術可能かつ短期間で回復
デメリット 包茎の完全解消にはならない。重度の包茎の場合、手術不可能

space

包茎手術は大きく分けて2種類

カット法(切る手術)

余分な皮を切除する手術です。仮性包茎手術のほとんどが、このカット法を採用しています。最近では、技術の進歩とともに、日帰り治療も可能となっています。

術後は、薬などで患部の手入れをする必要はありますが、最低限のケアで問題ありません。

また、医療用糸の進化で抜糸の必要もなくなったことで、通院回数も抑える事ができるようになりました。

メリット 切ることで問題を根本解決。包茎専門クリニックもあり、仕上がり満足度の高い手術する事ができる
デメリット 患部が治るまでの性行為は不可。日数がかかる。真性包茎とカントン包茎以外は保険適応外。

space

ノーカット法(切らない手術)

軽度の仮性包茎の方は、医療用接着剤や糸などを使用し、皮を剥けた状態で固定する切らない手術を選択する事もできます。

固定する事によって、剥けた状態に癖付ける方法です。イメージ的には、アイプチなどでまぶたを二重にするような「プチ整形」に近い施術です。

種類としては、ナチュラルピーリング法といった、剥けた部分の皮を固定するものや、根元部固定法といった、根元部分から皮をひっぱり固定する方法もあります。

ただしこの場合、接着剤や糸が取れた場合、再度皮が被ってしまう事もあり、根本解決とはいきません。

なお、接着剤や糸の耐用日数は6ヶ月程度と言われています。

メリット 比較的安価に施術できる。切らないために負担が少ない。
デメリット 皮は残るため、根本解決には至らず、時間がたつと再発の恐れあり。

 

Share.

管理人について

Leave A Reply

包茎治療ナビ